The 48 Hour Film Project
TOKYO 48 Hour Film Project

The TOKYO 48 Hour Film Project 2018 閉幕!

201861日から63日にかけて、東京を中心に関東で活躍する映像クリエイター達が集い、どのチームが48時間で最も優れたショートフィルムを作るのかを競い合いました。東京で最優秀賞に輝いた作品は、2019年3月に米国フロリダ州、オーランドで開催される48HFP主催の映画祭『Filmapalooza 2019』に駒を進め、世界中から選びぬかれた優秀作品と競い合います。さらにその中から選出される約10作品は2019年度『カンヌ映画祭 短編映画部門』で上映されます。

The TOKYO 48 Hour Film Projectのメーリングリストへの登録はこちらから。

 

審査結果発表!

審査の結果を発表いたします。受賞されたチーム関係者の皆様、おめでとうございます!

Best Use of Character
『ラヂオ幽霊』by PSYCHE

Best Use of Prop
『サムライ・クピード』by チーム絶景探偵。

Best Use of Line of Dialogue
『鬼才』by HARI×mugen

Best Use of Genre
『Happy Happy』by 田邊仲良し組

Best Costumes/Make Up
『弱虫な女装クン』by 東京ビジュアルアーツ映画学科1年

Best Choreography
『佐野くんが教えてくれたこと』by チョコスティックパン

Best Sound Design
『からっぽラジオ』by 霞組

Best Musical Score
『ラジオスターの奇跡』by Stone River

Best Art Design
『迷子の海辺』by Team Umeda

Best Editing
『死角~DEAD ANGLE~』by W7

Best Writing
『安楽椅子探偵』by エンタングルメント

Best Cinematography
『迷子の海辺』by Team Umeda

Best Directing
『オカンはきっと、エイリアン』by DOKKAN FILM

Best Supporting Actress
三橋栄香(みはし はるか)for 『佐野くんが教えてくれたこと』by チョコスティックパン

Best Supporting Actor
鶴田雄大(つるた ゆうだい)for 『ラヂオ幽霊』by PSYCHE

Best Actress
新実芹菜(にいみ せりな)for 『この世の果てまで』by Hoido Film

Best Actor
田中 穂先(たなか ほさき)for 『おかんはきっと、エイリアン』by DOKKAN FILM

Best Student Film
『それでも踊る』by ピンクグレープフルーツ

Jury's Special Award
下村結香(しもむら ゆか)演じるADの白目for 『死角~DEAD ANGLE~』by W7

Jury's Special Award
『Oui oui oui』by TUFS Create MEGA HITs

Jury's Special Award
『Click』by 映画にマヨネーズをかけて食べるのが好き

3RD Place: Best Film of 2018
『オカンはきっと、エイリアン』by DOKKAN FILM

2ND Place: Best Film of 2018
『迷子の海辺』by Team Umeda

Best Film
『ラジオスターの奇跡』by Stone River

48HFP 観客賞

観客賞の結果を発表いたします! 以下のチームが各上映グループの観客賞受賞チームです。おめでとうございます!

Audience Award Winner: Group A
1位 『それでも踊る』by ピンクグレープフルーツ 
2位 『死角~DEAD ANGLE~』by W7
3位 『Happy Happy』by 田邊仲良し組 

Audience Award Winner: Group B
1位 『378441623秒33』by CNSS 
2位 『サムライ・クピード』by チーム絶景探偵。
3位 『ラジオスターの奇跡』by Stone River

Audience Award Winner: Group C
1位 『波紋』by NTKS 
2位 『この世の果てまで』by Hoido Film
3位 『ターンタートル』by エレンフィルム 

Audience Award Winner: Group D
1位 『鬼才』by HARI×mugen
2位 『迷子の海辺』by Team Umeda
3位 『ラヂオ幽霊』by PSYCHE






   

The 48 Hour Film Projectとは

48 Hour Film Projectとは、脚本、撮影、そして編集と、すべての映画製作の過程を48時間以内で行い、1本の短編映画を完成させるという、他に類を見ない過酷で刺激的な映画製作コンペティションです。

48 Hour Film Projectは2001年以来、世界各地の都市で開催され、2017年度は五大陸120都市で開催、7万人近い参加者によって5千もの映画が作られました。
2018年には世界約130以上の都市で開催され、日本では大阪が8回目、東京は4回目開催となります。
各都市のコンペティションでは、最優秀作品“Best of City Film”が選ばれ、その都市の代表として世界各都市の代表と競います。

そして、その中から選出された10作品は、カンヌ映画祭短編映画部門で上映されます。

映画祭のお手伝いをしませんか!
ボランティアスタッフを募集しております。

■活動内容:『TOKYO 48 Hour Film Project』の運営サポート
【主な活動】
・上映会の会場整理
・キックオフならびにドロップオフイベントの会場整理
・説明会、交流会等の補助
・事務処理補助
・宣伝活動
・広告制作補助(チラシ、Webサイト、グッズなど)

※中心スタッフとして企画運営に参加していただける方も募集しております。
※英語が話せる方、翻訳経験のある方も募集しております。

■期間:年間を通して随時お手伝いしていただける方から、上映会の期間だけ、宣伝活動だけ、という方も大いに歓迎いたします。

■応募要件:特に条件はありませんが、簡単な面接をおこない判断させていただきます。
映画が大好きな方、映画製作の経験がある方、映画祭運営の経験がある方、大歓迎です!

■応募方法:下記メールアドレスにてご応募ください。追って面接日時をお知らせいたします。

メールアドレス:tokyo@48hourfilm.com


■Facebook:https://www.facebook.com/tokyo48hfp

 


TOKYO 48HFP リンク